SpringBoot x IntelliJ IDEAでソースコードの自動コンパイルをする方法

技術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!さいけです。

今回は、「SpringBoot x IntelliJ IDEAでソースコードの自動コンパイルをする方法」について紹介します。

SpringBoot x IntelliJ IDEAでソースコードの自動コンパイルをする方法

SpringBoot x IntelliJ IDEAでソースコードの自動コンパイルするには、SpringBootDevtoolsというライブラリを有効にする必要があります。

では、手順を追って紹介していきます。

依存関係を追加する

お使いのmavenもしくはgradleのどちらかにspring-boot-devtoolsを追加してください。

<dependency> <groupId>org.springframework.boot</groupId>
	<artifactId>spring-boot-devtools</artifactId>
</dependency>
dependencies {
    ...
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-devtools")
    ...
}

追加したらファイルを再ビルドするようにします。

IntelliJ IDEAで有効設定をする

IntelliJのPreferences -> Build, Execution, Deployment -> CompilerにあるBuild project automaticallyにチェックを入れてApply -> OKをします。

次に、command + shift + AでActionsタブを開きます。

検索窓にRegistryと入力し、Registry…をクリックします。

compiler.automake.allow.when.app.runningのチェック欄をクリックします。

さいごに念の為、IntelliJ IDEAを再起動してください。

コードを書き換えてみる

適当にコードを書き換えてみてください。

ソースコードの自動コンパイルが走るはずです。

👍🎉

おわりに

今回は、「SpringBoot x IntelliJ IDEAでソースコードの自動コンパイルをする方法」について紹介しました。

簡単に自動コンパイルの設定をすることができるので、ぜひ試してみてください!

では〜

コメント