GithubでPull Requestのマージを打ち消す方法

はじめに

こんにちは!さいけです。

今回は「GithubでPull Requestのマージを打ち消す方法」を紹介します!

GithubでPull Requestのマージを打ち消す方法

GithubでPull Requestのマージを打ち消すには、マージした該当Pull RequestでRevertボタンをクリックすることで打ち消すことができます。

簡単にGithub上で行えます。

画像つきで打ち消す流れを解説していきます。

1.マージを打ち消したいPull Requestを選択する

リポジトリのPull Requestsからマージを打ち消したい該当Pull Requestを選択します。

今回は「test2追加」というPull Requestの打ち消しを行います。

Pull Requestの詳細は以下です。

topic-test2というブランチで、変更差分は以下のとおりです。

test1.txtにtest2のが追加されていて、test2.txtにtest2が追加されています。

2.Revertボタンをクリックする

該当のPull Request下部にRevertボタンがあるので、クリックします。

3.打ち消しPull Requestを作成する

前項のRevertボタンをクリックすると、「test2追加」の内容を打ち消すPull Request発行画面に遷移します。

revert-2-topic-test2というブランチで、変更差分は以下のとおりです。

「test2追加」のPull Requestで追加された内容が打ち消しされていることが確認できます。

確認したら、「Create Pull Request」で打ち消しPull Requestを発行します。

4.打ち消しPull Requestをマージする

打ち消しPull Requestを発行して、内容を確認したらマージしましょう。

「test2追加」で追加された内容は打ち消されます。

以下画像は、マージ後の状態です。

5.変更内容を確認する

打ち消しPull Requestがマージされたmasterブランチの内容を確認してみます。

以下画像のとおり、「test2追加」の内容が打ち消しされていることが確認できます。

👍🎉

番外編:やっぱり打ち消しをなかったことにしたい!

やっぱり打ち消しをなかったことにしたい!ってなったときは、打ち消しPull Requestを打ち消せば良いです。

RevertのRevertです。

打ち消し手順は前項の通りですが、念の為画像つきで解説します。

1.打ち消しPull Requestを選択する

「Revert “test2追加”」のPull Requestを選択します。

2.Revertボタンをクリックする

Revertボタンをクリックして、打ち消しPull Requestの発行画面にいきます。

3.打ち消しPull Requestを作成する

打ち消しPull Requestを作成します。

revert-3-revert-2-topic-test2というブランチで、変更差分は以下のとおりです。


打ち消しの打ち消しになっているので、実質は「test2追加」です。

確認したら、「Create Pull Request」で打ち消しPull Requestを発行しましょう。

4.打ち消しPull Requestをマージする

OKそうだったらマージします。

5.変更内容を確認する

masterブランチの内容を確認します。

打ち消しの打ち消し(実質、「test2追加」の内容追加)されていることが確認できました。

👍🎉

おわりに

今回は「GithubでPull Requestのマージを打ち消す方法」を紹介しました。

アプリケーションのロールバックやmasterから特定のPull Request内容を引き剥がしたいってときとかにRevertが活躍すると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:

Pull Request を打ち消す - GitHub Docs
Pull Request は上流ブランチへのマージ後に元に戻すことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました