簡単にローカル環境でJSONモックサーバーを作成する方法

はじめに

こんにちは!さいけです。

今回は「簡単にローカル環境でJSONモックサーバーを作成する方法」を紹介します!

備忘録的な記事になります。

簡単にローカル環境でJSONモックサーバーを作成する方法

json-serverを使うと、簡単にローカル環境でJSONモックサーバーを作成できるみたいです。

typicode/json-server
Get a full fake REST API with zero coding in less than 30 seconds (seriously) - typicode/json-server

紹介も踏まえ軽く使い方を解説していきます。

インストールする

ローカルにnpmコマンドでjson-serverをインストールします。

※npmがローカル端末に入っていない方はあらかじめnpmを入れておいてください

$ npm install -g json-server

データを用意する

以下、db.jsonを用意します

{
  "posts": [
    { "id": 1, "title": "json-server", "author": "typicode" }
  ],
  "comments": [
    { "id": 1, "body": "some comment", "postId": 1 }
  ],
  "profile": { "name": "typicode" }
}

モックサーバーを起動する

json-serverコマンドでモックサーバーを起動します。

$ json-server --watch db.json

  \{^_^}/ hi!

  Loading db.json
  Done

  Resources
  http://localhost:3000/posts
  http://localhost:3000/comments
  http://localhost:3000/profile

  Home
  http://localhost:3000

  Type s + enter at any time to create a snapshot of the database
  Watching...

リクエストしてみる

立ち上げたモックサーバーにcurlでリクエストしてみます。

$ curl "http://localhost:3000/posts"
[
  {
    "id": 1,
    "title": "json-server",
    "author": "typicode"
  }
]

レスポンスが返ってきました👍🎉

おわりに

今回は「簡単にローカル環境でJSONモックサーバーを作成する方法」を紹介しました。

簡単にJSONモックサーバーを作成できました。

色々なシーンで、さくっとモックサーバーがほしいときがあると思うので、ぜひ利用していきたいです。

また、json-serverのREADMEを見る限りでは、もっと詳細にモックサーバーの設定ができそうです\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました